普段何気なくテレビを付けていてお馴染みのコマーシャルソングってありますよね。

 

アーティストや音楽家の挿入歌であれば流行り廃りもあり、一時的なものが多いのですが、昔からずっと変わらないコマーシャルの歌です。

 

皆さん一度は聞いたことがあるかと思います。

 

例えば「はーしーれはしーれ イスズーのトラックー♪♪♪」です。

 

耳残りがすごくある懐かしさのあるメロディーとのびのびとした女性の歌声が印象的です。

 

皆さんはお気づきでしたでしょうか・・・

 

実は7月からとっても有名な女性が歌っているのです。

 

マキシマムザホルモンのドラマー、ナヲさんなのです!

 

何故ナヲさんに「いすゞのトラック」CMソングのオファーがきたのでしょうか?

 

 

マキシマム ザ ホルモンとは


マキシマムザホルモンとは、1998年に東京都にて結成された日本のロックバンドです。

 

地上波のテレビ番組に本人達が登場するということはなかなかないのですが、たくさんのアニメのタイアップやバラエティ番組で曲が使われていたりするバンドです。

 

マキシマム ザ ホルモンという名前の由来は、メンバーが肉好きだったため焼き肉の「ホルモン」の名前を入れ、そこにかっこいい言葉として「MAXIMUM」をつけ加えていった結果だそうです。

 

芸能人でもファンが多く、生田斗真、前田敦子、渡辺麻友(AKB48)、川口春奈、アンジェラ・アキ、武蔵、トータルテンボス、ダイノジ、ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)、高橋茂雄(サバンナ)、伊達みきお(サンドウィッチマン)といった人達がいます。

 

中でも生田斗真は筋金入りのマキシムザホルモンのファンだそうです。以前、フライディーされ噂にもなった時がありましたね…(;´д`)

 

マキシマム ザ ホルモン ナオ


ナヲさんはグループで唯一の女性であり、バンドでは珍しく女性ドラマーです。

本名:川北奈緒

生年月日:1975年12月16日

出身地:神奈川県川崎市

出身校:相模女子大学短期大学部

2児のママで4歳年下の旦那様がいます。

しかしなぜバンドそのものでのオファーではなく、ドラマーのナヲさんにオファーがきたのでしょうか・・・

 

何故ドラマーのナヲさんにCMソングのオファーがきた?

スポンサーリンク


何も知らない方は謎だらけかと思います。

 

マキシマムザホルモンは、ライブチケットの競争率も高く、場所によってはそうそう簡単にライブに行くことも難しくなってきたロックバンドです。

 

海外のメタルフェスにも引っ張りだこで海外のファンもついています。

 

なのになぜ「いすゞのトラック」?

 

激しいメタルやロック要素の強い音楽以外は接点が少ない気もします・・・

 

実はマキシマムザホルモンのライブはかっこいいことはもちろん、MCの面白さにも定評があるのです。

 

MCでは前からナヲさんがよくJ-POPやアニメソングを歌っていたのです。

 

そして、あの「いすゞのトラック」のCMソングを歌いまくっていたんだとか・・・

 

その結果、本当にオファーが来てしまったということでした。

 

マキシマムザホルモンのオフィシャル側もInstagramにて、

 

「ライブMCでナヲが勝手にあのCMソングを歌いまくっていたらまさかの本家からガチオファー来るwww」と投稿がされました。

 

MC中だけでなく、自身のバンドの曲中でもドラマーのナヲさんは歌声を披露しています。

 

コーラスはもちろん、しっかり担当パートがあります。

 

しかもドラムを叩きながらしっかり歌っています。

 

まとめ

マキシマムザホルモンの曲中のコーラスや担当部分では、とてもかっこよく力強い歌声ですが、ナヲさんが時たま披露するキレイな歌声にもうっとりさせられます。

 

「いすゞのトラック」のCMソングも思わずうっとりと聞き入ってしまうほどです。

 

お気づきでなかった皆さまもぜひ、チェックしてみてはいかがでしょうか?