ソフトバンクのCMでモンスターペアレンツ役を演じている高嶋ちさ子。

 

家族とのエピソードでデビルとも呼ばれているようですが、高嶋ちさ子の家族構成が凄いのです。

 

ドラえもんが大好き!という意外な高嶋ちさ子の旦那との馴初めを調べました。

 

 

高嶋ちさ子の家族構成が凄い

スポンサーリンク

高嶋ちさ子のプロフィール

生年月日:1968年8月24日

出身地 :東京都

学歴 :青山学院初等部、中等部、桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部卒業。
イェール大学音楽学部大学院修士課程アーティスト・ディプロマコース修了。

 

父・高嶋弘之氏は東芝EMIの元ディレクターで、ビートルズを日本に紹介し、日本でのビートルズブームを仕掛けた方です。

 

その兄が俳優の高島忠夫(伯父)であり、高嶋政宏・政伸兄弟は従兄にあたります。

 

高島忠夫との親戚関係はほぼ断絶しています。

 

断絶の理由が両家の金銭感覚の違いとかありましたが、温厚なイメージのある高島忠夫が兄弟と断絶というのが想像出来ないです。

 

母の名前は薫子。

 

小学校からガキ大将だった高嶋ちさ子が、先生のことを「先公」と呼び、学校に母が呼び出されました。

 

その時、母は、先生に対し『そんなことで呼び出していたらキリがありませんよ』と言いました。

 

率直で鋭い言葉は母譲りかもしれませんね。

 

高嶋ちさ子には姉と兄がいます。

 

小さいときは兄とよく喧嘩したようですが、今は仲良く交流もあるようです。

 

高嶋ちさ子の姉は6歳上でダウン症です。

 

お母様は姉を助けるようにと高嶋ちさ子を生み、ちさ子もそれを当然としています。

 

お姉様はその障害で壮絶ないじめにもあっていたようですが、ちさ子と兄はその仕返しをし、かばい続けていました。

 

お父様は、娘がダウン症であることを隠すことなく口に出しました。

 

「自分が口にすることで、同じ状況の家族を励ませるのではという気持ちもあった」と語っています。

 

高嶋ちさ子も兄も、姉を隠すことなくどこに行くのも一緒に連れて行ったようです。

 

両親の思いが子供たちにも伝わったのです。

 

父は「家族に何か事件が起こると、毒舌で周囲の気持ちを軽くさせる。ちさ子には昔からそんなところがありました」と以前インタービューで語っていました。

 

高嶋ちさ子の気の強さは姉を守るため、毒舌は周囲を思っての事ですね。

 

 

意外ドラえもんが大好き




自他ともに認めるドラえもんファンです。

 

てんとう虫コミックス全45巻を3セットも持ち、イェール大学留学中には、映画を観るために一年に一度必ず帰国していました。

 

一番好きな登場人物は骨川スネ夫で、人をからかったり、意味もなくいじわるをする点が自分と共通しているという。

 

一方、嫌いな登場人物はドラミで、いい子ちゃんキャラで、説教などをする点がうるさいとしている。

 

源静香は、ピアノに目移りしたり、みんなと遊びに行ったりして、バイオリンの練習量が極端に少ないと指摘しているが、しずかは、バイオリンが下手だからしずかであり、アドバイスする必要はないとしている。(引用:wikipedia)

 

ドラえもんって日常生活からのSF体験に夢があったり教訓があったりで単純に面白いと思っていましたが、登場人物の性格分析を鋭くされてます。

 

 

高嶋ちさ子の旦那との馴初め

スポンサーリンク

 

高嶋ちさ子の旦那、ご主人はソニー創業者・盛田昭夫の甥で盛田賢司です。

 

友達からの紹介で高嶋ちさ子の一目ぼれだったようです。

 

当時の盛田賢司氏にはお付き合いをしている方がいたようですが、盛田賢司氏は、その方と結婚する意志はなかったようです。

 

結婚する気がないのに、お付き合いを重ねるということは、相手の女性に失礼なことです。

 

高嶋ちさ子は「だったら分かれなさい」と一蹴し、別れさせることに成功しました。

 

その後、高嶋ちさ子と結婚しています。

 

出会って3か月のスピード婚でした。

 

横取りでも、泥沼でもなく正攻法です。

 

高嶋ちさ子の行動力が素晴らしいです。

 

 

まとめ

高嶋ちさ子が以前テレビで”…「パパを取り替えない?」と長男に問いかけたところ、「それは離婚ってこと?離婚とか言う人と、オレは一緒に暮らせない」と長男に言われた”と語っていました。

 

高嶋ちさ子の子供への対し方は、子ども扱いすることなく子供と対等に会話できる関係です。

 

ブログで炎上した「ゲーム機バキバキ」事件も、そんな関係から出てきたのでしょう。

 

高嶋ちさ子の話題のエピソードは一杯あります。

 

子供やご主人との場面でのエピソードがとても楽しいです。

 

高嶋ちさ子の公式ツイッターやブログにあります。

 

読めばはまってしまいます。

 

これからも元気の出る暴言を楽しみに待っています。