エンタメニュースで”乃木坂46・桜井玲香、藤間爽子と舞台「半神」W主演”とありました。

 

藤間爽子?と思いましたが、藤間紫の孫ですね。

 

藤間紫と言えば1960年頃に大変世間を賑わせました。

 

藤間爽子の両親や兄弟も淡々とまとめて行きたいと思います。

 

 

「ひよっこ」で富の若い頃を演じた藤間爽子とは?

藤間爽子プロフィール

生年月日:1994年8月3日

学歴:青山学院大学文学部比較芸術学科卒業

身長:154㎝

趣味:三味線、舞台鑑賞、旅行

藤間爽子はドラマ『ひよっこ』で富の若い頃を演じ、その着物姿も日本舞踊にも、ただ者ではない「何か」を感じさせました。

 

それもそのはず、藤間爽子は藤間紫と二代目市川猿翁の孫です。血筋で言えば藤間勘十郎になるのでしょう。

 

祖母・初世家元藤間紫に幼少より師事し、現在は祖父・二代目藤間紫(二代目市川猿翁・三代目市川猿之助)に師事しています。

 

14歳の時に、藤間紫さんから紫派藤間流の家元を引き継ぎました。

 

藤間爽子は藤間紫の孫

スポンサーリンク

藤間紫は日本舞踊藤間流紫派家元です。

 

藤間紫は、元日本医科大学学長河野勝斎の長女で、12歳の時に六世藤間勘十郎に入門し、天才少女と言われ、もともとは弁護士を志していたようです。

 

藤間紫は、21歳の時に24歳年上の藤間勘十郎と結婚、一男一女をもうけますが、1960年代から16歳年下の市川猿之助と生活を共にするようになりました。

 

猿之助には妻・浜木綿子と1歳半になった子供・香川照之がいました。

 

今でいうW不倫ですが、堂々としたものでした。

 

猿之助は1968年に浜木綿子と離婚、藤間紫は1985年に勘十郎と離婚。

 

藤間紫は、2000年に16歳下の猿之助と正式に結婚、藤間紫77歳の時です。

 

このあたり、ドロドロでテレビも週刊誌も連日大騒ぎでした。

 

それまで藤間紫をよくテレビドラマで見かけていました。

 

シャキッとした非常に存在感のある綺麗な女優でした。

 

当事者にとっては「初恋を貫いた」のでしょうが、この形はどうかな、と思うような出来事でした。

 

 

藤間爽子の両親と兄弟

スポンサーリンク

藤間爽子の父は、藤間紫の長男・藤間文彦です。

 

ちょっと気儘そうな品のあるイケメンでした。

 

元俳優で、今は株式会社おもだか社長となっています。

 

藤間爽子の母は、女優・島村佳江。

 

島村佳江はテレビドラマにでていたようですが、記憶がほとんどないです。

 

藤間爽子の弟はジャニーズ事務所所属タレントの藤間貴彦で、現在は日本舞踊界で頑張っているようです。

 

まとめ

藤間爽子は、「ひよっこ」で富の若い頃を演じた頃から注目され始めたのでしょうか?

 

情報があまりありません。

 

「半神」の舞台で主演を演じる藤間爽子のコメントをそのまま載せます。

”この舞台「半神」のお話を頂いた時、驚きと嬉しさで大興奮したのを覚えています。実は私、お芝居の舞台には一度も立ったことがないんです。しかも野田秀樹さんの作品を中屋敷さんが演出。今回が初舞台の私にとってこんな光栄なことはありません!不安も大きいですが、先輩方に囲まれながら、マリアでいられる贅沢なこの時間を大切にしたいと思います。容姿も、これまで歩んできた道も、正反対な桜井さんと私がどんな双子の姉妹になっていくのか、私自身とても楽しみです。”(引用:日刊スポーツ)

藤間紫ほどの強烈さありませんが、これからの活躍が楽しみな女優です。