本木雅弘はジャニーズ事務所所属の3人組アイドル「シブがき隊」の元メンバー(現在は個人事務所「メンズアート」)

 

「モックン」の愛称で人気がありました。

 

本木雅弘の長男・雅楽が「UTA」の名前でパリコレデビューしました。

 

お父様似のルックスと1メートル90の長身!

 

「モックン」ってそんなに大きかったかしらと改めて「モックン」の伸長を調べました、174㎝です(^^;)

 

「UTA」のプロフィール等見ていきます。

 

 

本木雅弘の家族

スポンサーリンク

本木雅弘の妻は、樹木希林とロック歌手、内田裕也の一人娘・内田也哉子です。

 

本木雅弘が海外の映画賞を取材する番組に、留学中の内田也哉子が通訳として同行していて知り合います。

 

彼女が17歳の時、本木雅弘が26歳でした。

 

留学中であっても17歳で通訳?って思ってしまいました。

 

内田也哉子の学歴がわかりません。

 

ニューヨーク、ジュネーヴ、パリなどで過ごされています。

 

幼いころからバイリンガルの環境で過ごされ、17歳で通訳って仕事が出来たのでしょうね。

 

出会ってすぐに本木雅弘は運命を感じ、ちょっと変わったプロポーズの言葉を伝えています。

「私には白髪のあなたが想像できるし、そういうあなたが愛おしい
と思える気がする。 今すぐじゃなくても、いつか結婚という選択肢が
現れたとき、私もそこに入れてください」

 

内田也哉子が19歳の時に結婚しています。

 

 

本木雅弘の長男・雅楽(うた)

本木雅弘と内田也哉子の間には3人の子供がいます。

 

1997年に長男・雅樂(うた)

1999年に長女・伽羅(きゃら)既に芸能界デビューを果たし、映画「奇跡」「あん」で祖母・樹木希林と共演しています

2010年に次男・玄兎(げんと)

 

今回モデルデビューしたのは長男・雅樂です。

 

UTAは東京港区の西町インターナショナルスクールに通っていました。

 

中学でスイスのル・ロゼ学院に留学、世界で最も高額な教育機関と言われ、年間8万ポンドの学費だそうです(-_-;)

高校はIMGアカデミーに進学。

 

小学5年から継続しているバスケットボール、その腕を見込まれアメリカのIMGアカデミーにバスケット留学、2016年に卒業。

 

その後、米カリフォルニアにあるドミニカン大学に進学、今は寮生活を送っています。

 

度々、モデルの誘いを受け「バスケとモデルの両立は可能か?」と悩むなか、背中を押したのが祖母の樹木希林でした。

 

UTAのモデルデビュー

スポンサーリンク

パリコレです。親の七光りは通じません。

 

オーディションを勝ち抜いての出演です。

 

UTAは「緊張感と静かな興奮が入り交じった特別な体験でした」と語っていました。

 

UTAはファッションブランド、アンダーカバーとコム・デ・ギャルソン2019年春夏デザインを身にまとい、パリコレのランウェイで世界デビューを果たしました。

 

まとめ

2世タレントがこれからも続々出てくるだろうと思います。

 

ほとんどが、インターナショナルスクールや留学経験を持ちバイリンガルです。

 

親が芸能界という中で人生を歩み、その国際感を感じ取っての子育てでしょう。

 

親の七光りが通用するのは国内だけです。

 

世界は厳しい、勉強しキャリをを積み、世界で活躍する2世こそ大変かもしれません。

 

UTAだけでなく本木雅弘の子供たちは、これからも芸能界で活躍していくでしょう。