樹木希林「死去」の報道がありました。

 

ユニーで個性的で不思議な女優でした。

 

夫は有名なロックシンガーの内田裕也です。

 

また子供も孫も芸能界で活躍しています。彼女の家族を紹介します。

 

 

樹木希林は若い頃から老け役の個性派女優

初めて見たのは、1964年のテレビドラマ、森繁久彌の「七人の孫」のお手伝いさん役です。

 

「七人の孫」は明治生まれの祖父・森繁久彌を中心に織りなす大家族のホームドラマです。

 

大家族の中でお手伝いさん役として出演していたのが、当時は悠木千帆という名前だった樹木希林でした。

 

おばさんに見えていましたが、まだ21歳だったんです。

 

個性的なベテラン俳優さんの中で結構目立っていました。

 

その後、『寺内貫太郎一家』で小林亜星が演じた主役の貫太郎の実母役です。

 

沢田研二のポスターを見て「ジュリーィィィ!!」と腰を振りながら悶えるシーンが流行りました。

 

小林亜星は1932年生まれ、樹木希林は1943年生まれです。11歳年下の母親です。(-_-;)

 

余談ですが、当時のジュリー・沢田研二はかっこよかったのです…

 

樹木希林の夫

樹木希林は1964年に俳優の岸田森と結婚、1968年に離婚しています。

 

岸田森も個性的な俳優でした。共に文学座在籍で、舞台俳優って個性的な人が多いなと思ったことを覚えています。

 

岸田森は、43歳でなくなっています。

 

その後、1973年10月に内田裕也と再婚しますが、1年半で別居します。

 

理由は内田裕也のDVです。

 

壮絶なDVで、毎晩の暴力で家の中が滅茶苦茶で、暴れたときはどうすることも出来ずに警察に相談にも行っているようです。

 

別居生活は40年以上です。その間内田裕也が無断で離婚届を区役所に提出するも、樹木は離婚を認めず、離婚無効の訴訟を起こし勝訴しています。

 

何故離婚をしなかったのか、その理由を

「あんな男を放っておいたらもっと迷惑をかけるから、 自分がいることで最後の一線を越えさせないように しているんだ」

「内田ほど何をしでかすかわからない、これほど退屈しない人間はいない。まあ好きといえば内田裕也という人間の全てが好きなんでしょう。」と語っていました。

意地で離婚しなしのかと思っていましたが、好きだったのです。

 

無条件で好きだったから我慢できたのでしょうね。

 

樹木希林の子供

スポンサーリンク

内田裕也との間に娘が一人・内田也哉子います。

 

内田也哉子は、エッセイスト、歌手、女優と幅広く活躍されています。

 

可愛い子には旅をさせろという樹木希林の子育て論の実践でしょうか、保育園から小学校までインターナショナルスクールで学び9才の時から海外留学も経験されています。

 

夫は「シブがき隊」の元メンバー・本木雅弘。

 

樹木希林から「滅んでいく家を救ってください」と言われ婿養子に入った本木雅弘です。

 

内田也哉子と本木雅弘の間に3人の子供がいます。

 

樹木希林の孫

スポンサーリンク

1997年長男・雅樂(うた)、1999年に長女・伽羅(きゃら)、2010年次男・玄兎(げんと)の3人の孫がいます。

 

長男・雅樂はパリコレデビューを果たしています。

 

樹木が海外の映画祭に出かけるときの「専属通訳」としても活躍し、試写会に登壇する樹木の横に立ったこともありました。

 

長女・伽羅は小学校卒業後渡英し、ロンドン郊外の女子校で寮生活を送りながら学業に努めています。

 

2011年の映画『奇跡』と2015年の映画『あん』で樹木希林と共演しています。

 

次男・玄兎は8歳です。モックンと以前テレビのインタビュー番組に出演し紹介されたことがありました。

 

子供3人とも容姿端麗美形です。

 

樹木希林は子供を通して素敵な家族を持てましたね。

 

まとめ

ある意味年齢不詳で、歳が気にならない女優でした。

 

郷ひろみとのデュエット映像が紹介されていましたが、今見ると若い!

 

2003年1月に網膜剥離で左目を失明。

2013年3月全身がんであることを告白。

 

内田裕也とは、1年に1回ほどの連絡が、乳癌が判明して摘出手術を受けたことを機に1か月に1回となり、それ以降毎年1月は一緒にハワイで過ごすようになったといいます。

 

別居40年以上という結婚生活でしたが、これが彼女の選択だったのでしょう。

 

好きな男性と結婚でき、子供や孫に恵まれ、仕事にも恵まれ、女性として素敵な人生だったと思います。

 

ご冥福をお祈りします。