お正月2日目、何気なく見ていた番組で可愛い発見をしました。

 

番組は「夢対決とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」のお正月5時間スペシャル版です。

 

最初の対決はテニスです。

 

伊達&松岡の最強レジェンドペアにとんねるずが挑みました。

 

2017年に2度目の引退をしたレジェンド伊達公子は待望の初参戦、そして松岡修造は3年ぶりの参戦です。

 

とんねるずの助っ人には錦織圭のコーチ、マイケル・チャンと加藤未唯が加わります。

 

加藤未唯は、伊達公子の引退試合で準優勝したテニス界の新星です。

 

初めは、伊達&松岡対とんねるず+マイケル・チャンと加藤の2人:4人です。

 

2セット、形勢不利になったとんねるず側、そこにかわいらしい石橋チャレンジが助っ人で入ってきました。

 

クロスリー真優11歳と影山海結10歳です。

 

伊達&松岡ペアに対して、とんねるずグループは6人です。

 

テニスで2人:6人の対戦です。

 

 

この、石橋チャレンジの少女達が可愛いと評判です。

 

とくにクロスリー真優は、その名前と容姿でハーフ?とも言われています。

可愛いいだけじゃない、クロスリー真優!

 

 

2セット、松岡修三にサーブがまわってきました。

 

エースをねらえ宣言の後に、クロスリー真優に対して本気のファーストサーブ。

 

クロスリー真優はリターンが出来ません。

 

松岡修三はクロスリー真優に聞きます。

 

「今受けてみてどうだった?」に返事せず、口を一文字にまじ切れで松岡修三を睨み返しています。

 

再度、松岡修三が聞きます「世界のサーブを受けてどうだった」にも睨みつけて返事せず。

 

松岡修三は「すごいなー、伊達の魂が入っているよ…」「ホント昔の伊達公子 あの怖さは伊達だぞ!」

 

その後、松岡修造が握手を求めても返さず、じっと見つめ返す。

 

松岡修三、嫌われたのかしら…

 

だとしたらショックだと思います。

 

 

この日、有明コロシアムは東京五輪へ向けた改修前の最後の日でした。

 

3時間を超えた熱戦で、MIP賞は伊達公子が受けていました。

 

まとめ

クロスリー真優のプロフィール等の情報はありません。

 

第9回TOMASCUP全国ジュニアテニスツアーチャンピオンズ大会で、女子10歳以下のシングルス決勝で優勝していますが、

それ以上の情報がまだありません。

 

とんねるずの番組に出演して注目されてしまったのです。

 

あの可愛さと、世界の松岡修三を睨み返した気の強さで、テニスプレーヤーとして、これからの活躍が注目されます。