昨年の40歳の誕生日を迎え、歌手を引退することを発表し、話題を呼んだ安室奈美恵さん。

 

一年間はいろいろなところとコラボ商品や企画が開催されたり、6月までには5大ドームのラストツアーが行われたりと、どこもかしもが「安室奈美恵」でした。

 

しかし、ライブツアーは6月の頭で既に終わっており、「空白の3ヶ月間」が疑問だとさらに話題を呼んでいました。

「9月16日以降、私はこうしてステージに立つことはありません」と宣言しています。

 

安室奈美恵個人のライブ活動自体は終わってしまい、ファンを前にリアルなライブをお届けするということはもうなさそうです。

 

恐らく、ギリギリまでラジオ出演やテレビ出演のそれらの収録やイベントなどが行われているのではないでしょうか。

 

全国各地で安室奈美恵の体験型展示会や「#ALLFOR916」♡CBRAVANなどが開催されています。

 

いずれも安室奈美さんご本人の出演はありません。

 

そんな中、引退前日の15日に沖縄で行われる「WE♥NAMIE HANABI SHOW  前夜祭~」にフェスティバル形式のライブに安室奈美恵出演と報道がありました\(^o^)/

 

ホントに、ホントにこれが最後のライブの安室奈美恵の姿になります。

 

引退は一つの通過点

安室奈美恵さんといえば、雑誌の表紙を飾ったり化粧品のCMにも出たり、最近ではアパレルショップとコラボしたり、モデルとしても活動もいくつかあります。

 

元々メディアに出るということはあまり多くはない安室奈美恵さんですが、引退となるとメディア出演が以前よりは少し多くなりました。

 

「こうしてステージに立つことはない」と言うところを見ると、もしかするとアーティストではなく、CMやモデルとしての芸能活動があるのではないか?と少し期待を持ってしまいましたが、NHKでの安室奈美恵の独占インタビューの特別番組でその可能性もないと感じました。

 

「もう仕事は辞めて、のんびりしたらいいじゃないか。世界中には『安室奈美恵』を知らない土地は山ほどあるんだ。ゆっくりと世界中を旅行してみたらどう?」と息子さんに言われていたのだとか。

 

安室奈美恵としては、引退とはネガティブなものではなく、ひとつの通過点であり、終わりがあれば次のスタートがあるということをとても前向きな姿勢で答えていました。

 

「この先の人生のほうがもっと楽しいことが待っているし、新しい発見とか新しい興味とか、『やってみたいな』というものがあったら今度はそこに情熱を注いでみたい」という安室奈美恵さん自身の希望に溢れた明るい今後の動きを語っていました。

 

これらの内容を踏まえて今後の活動を考えてみると、特に表立った芸能活動ということは考えていなさそうです。

 

 

安室奈美恵の「やりたいこと」

むしろ芸能活動からは一旦距離を置くようになるのではないかと思います。

 

安室奈美恵さん自身の「やりたいこと」がメインとなっていくようです。

 

しかし、そればかりはご自身しか知り得ないことです。

 

「やりたいこと」が何かのコラボ企画だったり、イベントだったり、モデル活動やプロデュース活動であれば、ファンのみならず私たちも万々歳です。

 

しかし、息子さんの言葉を考えるとその可能性は低く、そのような「仕事」に関することからは離れていきそうです。

 

そして、すでに「引退後の青写真は描いている」と安室さんを知る関係者は語っているようです。

 

親しい関係者には、引退したら何年かかけて世界中を周りたいということや、ほとぼりが冷めたところで日本に戻って、音楽好きな連中が集うことができる小さなライブハウスやジャズクラブをつくりたいという将来の夢を話していたようです。

 

本当に音楽や歌うことが好きだったからこれまで高い人気を得て歌い続けてこれたのでしょう。

 

向上心があり、何事にも前向きな安室奈美恵さんらしい将来の夢だと思います。

 

今まで安室奈美恵さんの楽曲や活動でたくさんの元気や希望をもらえたので、今度は私たちが安室奈美恵さんの夢を応援したいですね。

 

さいごに

スポンサーリンク

安室奈美恵の中学時代の教師からコメントが載っていました。

 

高校へ進学せず芸能界に入った安室奈美恵を心配した先生に向かって「高校には行きません。歌とダンスで生きていくから」「大学を出たって社会に貢献できるとは限らない。私は中卒でもやります」と返ってきたと言います。

 

その通りに歌とダンスで日本を代表するエンターテナーになりました。

 

女性としても人としても素敵な人生だなと思います。

 

まだまだ人生は続きます。

 

引退しても目が離せない安室奈美恵です。

1.安室奈美恵の壮絶人生。小室哲哉の出会いから自己プロデュースへ
2.安室奈美恵の生い立ち、両親そして沖縄アクターズスクール時代
3.安室奈美恵と小室哲哉との出会い。アムラーブーム到来
4.安室奈美恵の自己プロデュースからスイートシークプロジェクト始動へ
5.安室奈美恵の迫力のあるダンスと歌で魅了し続けるライブツアー
6.安室奈美恵の注目される抜群のスタイルとライブファッション
7.安室奈美恵の定番、ナチュラルテイストのロングヘアーも女性の憧れ
8.安室奈美恵を例えれば民衆を率いる現代のリーダー、そして引退