2017年紅白歌合戦の特別枠の出演者が決まりました。過去ではどんな出演者が特別枠を飾っていたのでしょうか?

 

紅白歌合戦の時期になり、出演者に対し、なんでこの人がでてあの人が出ないの?スマップがいなくて淋しい、なんでこの曲…等々と、イロイロとファンからの声が聞こえてt来ていますが、今回は紅白の特別枠を見ていきます。

 

 

紅白歌合戦の特別枠とは

紅白に特別枠というのがあります。

 

審査の対象にならない「特別枠」です。

 

最近の紅白は話題がなさすぎる、学芸会レベルの演出という声もちらほらと聞こえますが、そうでしょうか?

 

昔はテレビ番組作り自体が素直というか、手作り感そのままだったのです。

 

見やすい、楽しめる、それをNHKは踏襲しているのです。

 

いまでも老幼男女には楽しい番組です。

 

今は番組も多岐にわたっています。

 

CGがその役目を果たし、見る物を飽きさせない仕組みで展開も早く煌びやかです。

 

それが良いとか悪いとかじゃなく時代がそのように進化しているのです。

 

それに慣れている人達は、NHKの紅白は学芸会レベルに見えるのかもしれません。

 

 

そして今は、情報社会です。

 

NHK側の芸能事務所への忖度が世間に感じ取られるようになっています。

 

ジャニーズ事務所が云々、と一行インターネットで書けば全国に広がります。

 

忖度が世間に知れ渡り会社も動きにくくなった…

 

 

紅白に落ちた歌手が次回から出演を断ることが出てきました。

 

一時間で多くを歌いたいという歌手が辞退し始めました。

 

なんだかんだがあっても、実行していかないといけないのが制作側です。

 

過去には紅白の出演は出ないけど「特別枠」ならOKという歌手もいるのです。

 

そんな中で「特別枠」が生まれてきたのではないでしょうか?

 

NHK紅白歌合戦 これまでの「特別枠」

そんな紅白の「特別枠」ですが過去にもいろいろあります。

2011年が「マルモリ」の芦田愛菜と鈴木福

本曲はフジテレビ系ドラマ『マルモのおきて』の主題歌です。

 

『マルモのおきて』の主題歌です。

 

まだ6歳の芦田愛菜と鈴木福2人の可愛いユニットでした。

 

 

2012年はMISIAと矢沢永吉

MISIAは、アフリカ南西部ナミビア共和国のナミブ砂漠からの衛星生中継でした。

 

「Everything」と復興メッセージソング「明日へ」を灼熱の大地からの熱唱でした

 

矢沢永吉は、新曲「IT’S UP TO YOU!」を熱唱しました。

 

2013年は「あまちゃん」天野春子と鈴鹿ひろ美オールスターズ

「第157回 おら紅白でるど!」という『あまちゃん』のタイトル映像が流れ、紅白に「あまちゃん」コーナーできました。

 

小泉今日子と薬師丸ひろ子は、一歌手ではなく天野春子&鈴鹿ひろ美として出演し、『暦の上ではディセンバー』『潮騒のメモリー』『地元に帰ろう』の3曲を他のメンバーも含めて披露しました。

 

2014年は中森明菜とサザンオールスターズ

中森明菜は、米ニューヨークのレコーディングスタジオからの生中継で当時新曲の「Rojo -Tierra-(ロホ ティエラ)」を披露しました。

 

サザンオールスターズは、横浜アリーナで行われている年越しライブ会場からの中継で、サプライズ出演でした。

 

ちょび髭をはやした桑田佳祐が「ピースとハイライト」と最新曲「東京VICTORY」の2曲を披露。

 

2016年は渡辺直美とピコ太郎が出演

前半終了時に『紅白HALFTIME SHOW』が開催されました。

 

そこで世界的に大ヒットした「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」のパフォーマンスと、「ポンポコリンポンペン」の一部を披露。

 

ワールドツアーを成功させた渡辺直美はビヨンセに扮して登場しました。

 

2017年今年は安室奈美恵と桑田佳祐です



安室奈美恵2018年9月の40歳の誕生日に引退すると発表しました。

 

“平成の歌姫”と言われはた安室奈美恵ですが、平成は来年で終わりです。

 

本当に平成の歌姫になりました。

 

「安室奈美恵 25th ANNIVERSARY LIVE in OKINAWA」これがwowwowで放送されるとあってwowwowの契約が増えたそうです。

 

NHK特番「安室奈美恵 告白」では落ち着いた話しぶりで、歌もダンスも真剣に取り組んできた様子がうかがえました。

 

サザンオールスターズ・桑田佳祐は、カウントダウンライブを行う横浜アリーナからの中継になるようです。

 

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌「若い広場」を披露。

 

特別企画として「ひよっこ 紅白特別編」の制作も決定しているようです。

 

 

気になる安室奈美恵のファッション

 

安室奈美恵のファッションは若い女性を中心にブームになりました。

 

1時期、同じファッション・ヘアスタイル・メイクで歩くアムラーたちを多く見かけました。

 

ファッションにはあまり興味はないといいながらも、ステージ衣装のこだわりは10代のころから、しっかりとした意見を持っていました。

 

安室奈美恵のステージ衣装はとても素敵です。

 

その衣装を手掛けているのが野田晶氏。

 

安室奈美恵のメリハリのあるボディーとちっちゃな顔はどんな衣装でも着こなし、際立たせています。

 

紅白ではどのような衣装を見せてくれるのか、それも楽しみです。

 

 

まとめ

スポンサーリンク

”視聴率を取ろうとしている”とか、”2人を特別枠に据えたことで、ほかの出場歌手を前座扱いするのは失礼”、等の批判もありましたが、ここは素直に喜びたいです。

 

『NHK紅白歌合戦』は、NHKが1951年から大みそかに放送している男女対抗形式の大型音楽番組。

 

日本の長寿番組の一つです。

 

ラジを放送から始まりテレビでは1953年からです。

 

まだまだテレビが一家に一台と普及していない時です。

 

年末の楽しみが紅白に集中していました。

 

新人歌手は紅白歌合戦に出場する事を夢見ていました。

 

エレファントカシマシのリーダー・宮本浩次は紅白出演を「本当に夢でした。紅白歌合戦は日本の音楽の祭典の最高峰ですから、精一杯歌を歌って、白組の勝ちに貢献できればと思います」と喜びを隠さなかったです。

 

ロック歌手までも夢見る紅白歌合戦です。

 

これからも、年末の話題を作って楽しませてもらいたいものです。

 

スポンサーリンク