災害速報「特務機関NERV」というツイッターアカウントがあります。

 

フォロワーは50万超です。

 

「特務機関NERV」は、地震などの災害情報のほか、気象警報、電車遅延や停電といった生活情報などを速報でツイートします。

 

その「特務機関NERV」を運営しているのが、平成生まれの28歳の石森大貴氏。

 

石森大貴氏はITセキュリティ・プロフェッショナル集団会社「ゲヒルン」を経営する代表取締役社長を務めています。

 

石森大貴氏はどんな人でしょうか?

 

石森大貴氏のプロフィール

生年月日:1990年4月3日

出身:は宮城県石巻市

出身校:筑波大学

 

幼稚園時代に祖父の持っていたワープロ専用機を触っているうちにローマ字を覚えてしまいます。

 

小学三年生のとき、学校に設置されていたPCに興味を持ち、毎日放課後にいろいろといじり倒しますが、その興味の先はPCのゲームではなく、システムディレクトリの構成や、システムファイルの中身に向かっていました。

 

Windows 98のシステムファイルの中身を見て、『ああ、こうなっているんだ!』とPCの内部の仕組みを調べるのが楽しかった、と語っていました。

 

小学校5年生に校長室にあるサーバの管理者権限を乗っ取ることに成功しました。ハッカーデビューですね。

 

小学校6年生、お小遣いで買った自分のPC環境をレンタルサーバーとしてネット上で貸し出します。

 

利用希望者の信用調査もすでにおこなっていたようです。

 

中学、高校時代では、PCへの理解が得られず、ちょっと悶々とした日々を過ごします。

 

高校2年生の時にセキュリティ・キャンプに参加して最先端のセキュリティ技術を学び、その後CNET Japanのブログを開始します。

 

2010年にゲルヒンを立ち上げ、同年に個人の運営でtwitter「特務機関NERV」を開設します。

 

PCのシステムディレクトリの構成や、システムファイルの中身に興味をもつ、というところから凡人とは違う気もします。

 

レンタルサーバーの運営で信用調査を行うのも完璧!

 

 

石森大貴氏の「特務機関NERV」

「特務機関NERV」は「新世紀エヴァンゲリオン」の作中で敵の襲来を知らせる「警報」です。

 

どの報道機関よりも早く災害情報をツイートします。

 

 

初めは気象情報のつぶやきを楽しむくらいの気持ちだったのが東日本大震災で変わります。

 

石森大貴氏の出身は宮城県石巻市、東日本大震災では家族は無事だったものの、実家は全壊、親戚や友人を多く亡くしています。

 

NERVのツイートは、“逃げて!”という僕の思いです、と語っています。

 

石森大貴氏のブログ「CNET Japan」に『震災から4ヶ月、ヤシマ作戦と個人的な話』というタイトルで当時のことが書かれています。

 

ヤシマ作戦というのは節電を呼びかける拡散です。ウェブサイトやTwitterで呼びかけ、大きな反響でした。

 

『震災から4ヶ月、ヤシマ作戦と個人的な話』は、リンクは出来ませんが、読んでいただきたいブログです。

 

 

まとめ

無線LANのセキュリティが完璧なら、在宅ワークも安心して出来ると考えるのは素人の考えでしょうか?

 

ゲヒルンの社員は平成生まれが多く、ティーンエージャーも数名いるようです。

 

タイムカードはあるけど、出社は自由という、クラフトボス『新しい風』のような会社ですね。

 

これから増えてくる会社形態でしょか、将来が楽しみです。