スマートフォンの料金を大きく節約できる「格安SIM」と言うサービスが非常に人気を集めています。

 

今まで、月7,000円〜支払っていたという人も少なくないと思いますが、この格安SIMを使うことで半分以下など、かなり料金を抑えることが可能になりました。

 

「格安」と言われるように、携帯の通話代がかなり節約になります。

 

皆さんのスマートフォンの中には、「SIMカード」というものが入っているのはご存知ですか?

 

「よく聞く言葉だけど、SIMカードについてよくわからない」というユーザーの人に、今回はテレビやインターネットでよく耳にする「SIMカード」について解説します。

 

SIMカードって何?

スマートフォンを使っている人であれば、一度は聞いたことがあるであろう「SIMカード」という言葉。

 

SIMカードは、スマートフォンの通信を行う上で欠かせないものです。

 

各SIMカードには、固有のID番号が記録されており、使いたい端末に挿入することでその端末が誰のものなのかを特定します。

 

読者の皆さまのスマートフォンの中にも、このデータの入った小さなSIMカードが各自1枚入っていますよ。

 

SIMカードがなければ、基本的に通話やショートメッセージはできません。

 

SIMカードを利用する上での注意点

スマートフォンに入っているSIMカードを、新規購入した端末に挿入することで他の機種にも電話番号を移し変えることができます。

 

ただ、SIMカードを利用するにあたって気をつけたい点がいくつかあります。

 

注意点その1:SIMロック

「SIMロック」とは、ある一定のSIMカードしか使えないように制限している端末のことを言います。

 

例えば、DocomoのSIMロックがかかったスマートフォンを使っている場合、他のキャリア(auやSoftBank)などにSIMカードを移し変えても利用することができません。

 

DocomoのSIMロック端末は、Docomo回線のみでしか使うことができません。

 

これは、auのSIMロック端末でも同様で、au回線を使ったものしか使えません。

 

SIMカードを移動させるだけで電話番号を移し変えられると思っていたら、上手く作動しないなんてこともあるので注意が必要ですね。

 

ただし、数年前に、キャリアのSIMロック解除が義務付けられました。

 

これによって、たとえSIMロックのかかった端末であっても、基本的には条件を満たせば他のキャリでも使えるようになりました。

 

注意点その2:通信方式

国内の大手3大キャリア(Docomo、au、SoftBank)では、それぞれ異なった通信方式を採用しています。

 

現在、DocomoとSoftBankは同じ通信方式を使っているので、この2社の間ならSIMロックを解除した場合、問題なく使えます。

 

ただ、auや海外の端末によっては異なる通信方式を採用しているため、たとえSIMロック解除をしても使えません。

 

注意点その3:SIMカードの大きさ

 

SIMカードには、3つの異なるサイズがあります。

 

一番大きなサイズは、標準SIM、二番目のサイズはマイクロSIM、そして一番小さなサイズはナノSIMです。

 

iPhoneなど、現在主流となっているのが最後のナノSIMで、ほとんどのスマートフォンがナノSIMを採用していると思って大丈夫でしょう。

 

ナノSIMは、爪くらいの大きさなので無くさないように気をつけてください。

 

また、SIMカードにはチップが付いているので、なるべく素手などでは触らないようにしましょう。

 

格安SIMのメリットとデメリット

スポンサーリンク

ここからは、料金を抑えられる格安SIMのメリットとデメリットについて紹介します。

 

格安SIMのメリットその1:安い

まずは、料金。どのプランを選ぶかによりますが、例えばキャリアで使っていた同じようなプラン(インターネット容量など)を格安SIMに乗り換えるだけで、毎月の料金が約半分程度になることも珍しくはありません。

 

格安SIMのメリットその2:契約期間の縛りがない

大手キャリアの場合は、おそらく2年ほどの契約期間があったと思います。

 

2年以内に解約すると、高額な違約金が発生するので気軽に機種変更などはできません。

 

それに比べて、格安SIMでは基本的に最低利用期間がない(または短い)というメリットがあるので、もし使ってみて気に入らなくても高額な違約金を支払う必要はありません。

 

格安SIMのデメリットその1:キャリアメールが使えない

Docomoなどキャリアでは、@docomo.co.jpというキャリアメールがあります。

 

同じアドレスを長い間使っているという人も多いと思いますが、格安SIMではそのようなキャリアメールが使えなくなります。

 

キャリアメールの他に、携帯会社で使っていた機能を使用できなくなることもあるので注意が必要です。

 

格安SIMのデメリットその2:基本的に設定は自分で行う

格安SIMでは、プラン選び、使うまでの設定、などSIMカードを使う上での設定は基本的に自分で行なわければいけません。

 

ただし、最近では店舗を構えるなどサポート体制に力を入れている格安SIM会社が増えているので、かなり改善されています。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、今よく耳にする言葉「格安SIM」について紹介しました。

 

SIMに変えようかと、SIMのことを調べました。

 

格安SIMのメリットやデメリットをしっかりと把握して、毎月のスマートフォン代金を節約してみませんか。