カーリング女子はみんな美人と言われる中で、藤沢五月がカワイイと韓国の間で人気です。

 

韓国のインターネット上で「女優のパク・ボヨンに似ている」と話題になり、日本でもその美貌が注目されるようになりました。

 

今回は藤沢五月とパク・ボヨンの紹介です。

 

藤沢五月の家族全員カーリング選手

スポンサーリンク

生年月日:1991年5月24日

出身地 :北海道北見市美山町

身長  :156cm

学歴  :北海道北見北斗高等学校

所属 :LS北見

藤沢五月出身の北海道常呂町(現在の北見市)は、カーリングの町として知られ、冬季オリンピックに出場したカーリング選手には常呂町出身者が多い、と紹介されていました。

 

両親の影響で、5歳からカーリングを始めています。

 

運動神経がよく負けず嫌いで、水泳でもマラソンでもその頭角は現していたようです。

 

彼女の家族、両親、兄、姉と本人の一家5人全員がカーリング選手です。

 

父親は藤沢五月がジュニア時代のコーチをしていました。

 

両親は2016年に北海道ミックスダブルス選手権で大学生などを相手に3位になり全国大会にも出場したほどの実力で、全国大会で2位までに入れば平昌オリンピック出場の可能性もあったといいます。

 

「ターゲットどおりにストーンを出す技術は、ジュニアのころから抜けていた」と父親が話していましが、集中力の強さでしょう。

 

藤澤自身は「ハウス(円)の中に、石がたくさん入る展開が得意」と語っています。ハイリスク・ハイリターンを狙う、攻撃型の選手といわれる由縁です。

 

 

藤沢五月に似ているという女優のパク・ボヨンって?

名前    :パク・ボヨン (Park Bo Young)

ハングル表記:박 보영

生年月日  :1990年 2月 12日(28歳)

出生地   ;大韓民国の旗 韓国忠清北道槐山郡

身長    :158cm

血液型   :O型

 

パク・ボヨンは、2006年に16歳で芸能界デビュー、子役として人気ドラマ『王と私』などで注目を浴びていました。

 

2008年に出演した映画『過速スキャンダル』で主演を演じ、830万人を動員する大ヒットで人気がブレイクしました。

 

青龍映画賞、百想芸術大賞、韓国映画評論家協会賞など主要映画賞で新人賞を総なめにしています。

 

2010年の映画出演で訴訟騒ぎのトラブルに巻き込まれていますが、2012年の映画『私のオオカミ少年』が大ヒットして完全復活しました。

 

パク・ボヨンは、韓国社会人男女679人が選ぶ「理想の女性新入社員」アンケートで堂々の1位にも輝いています。

 

コメント欄に”いつも愛らしさとハツラツとした魅力を振りまく彼女。間違いなく社内のアイドル的存在として、男女問わず可愛がられるだろう。
礼儀正しくて付き合いやすそうなイメージで、変な気を使わず一緒に働けそうだ。”(引用:S-KOREA)と書かれていました。

 

写真そのまま清楚な感じで藤沢五月に似ています。

 

芸能界でもスポーツ界でも気が強く、凛としていないと頭角を現わせない所だと思います。

 

そのあたりも似ているのかもしれません。

 

藤沢五月は韓国語も堪能と言われます。

 

2人一緒に会話している姿も見てみたいですね。

 

 

まとめ

スポンサーリンク

藤沢五月を見た時、藤田朋子に似ていると思いました。

 

真央ちゃんに似ているとどこかで見ました。

 

パク・ボヨンに似ていると韓国からの発信でした。

 

パク・ボヨンを今回初めて知りました。

 

とても可愛い女優です。

 

日本でもこれから人気が出てくるでしょうね。

 

2人のこれからの活躍に期待しています。