サーフィンが2020年の東京オリンピックの新種目となりました。

 

その後度々、サーファー・五十嵐カノアの名前を目にします。

 

アメリカ生まれのアメリカ育ちの日本代人「五十嵐カノア」。

 

天才サーファーと言われる五十嵐カノアの両親や兄弟、恋人をご紹介します。

 

 

五十嵐カノアのプロフィール

生年月日:1997年10月1日

出身地:アメリカのカリフォルニア、ハンティントンビーチ

身長:180センチ

体重:75キロ

所属:QUIKSILVER(アメリカのサーフィン・スノーボードブランド)

 

3歳の時に両親の影響でサーフィンを始めます。

6歳で初出場したローカルコンテストで初優勝。

9歳でUSAの強化チームに加入します。

2009年、アメリカ最大のアマチュア団体NSSA(全米アマチュアサーフィン連盟)でトム・カレンと並ぶ最多優勝記録30勝を獲得。

2010年、12歳の時に全米タイトルを獲得。

その後も勢いは衰えることを知らず、

18歳、日本人の参戦が初めてというワールド・チャンピオン・ツアーで準優勝を果たします。

19歳、サーファー・オブ・ザ・イヤー2017年を獲得します。

20歳、米カリフォルニア州ハンティントンビーチで行われた全米オープンで優勝!2連覇です!!

 

生まれも育ちもアメリカですが、純粋の日本人です。

 

名前のカノアはハワイ語で「自由」という意味です。

 

五十嵐カノアはサーフィンだけでなく、お勉強もでき成績も優秀。15歳のときに2年飛び級で高校を卒業しています。

 

英語、ポルトガル語、日本語、スペイン語、フランス語の五か国語が堪能!!

 

早く世界へ飛び出し、世界で友達の輪が広がり言葉は自然に覚えたと言っています。

 

フランス語は今勉強中なようですΣ(・□・;)

 

 

五十嵐カノア両親、家族

家族は、両親と弟が一人です。

 

両親ともに元プロのサーファー。

 

父・勉氏は高校を卒業後にトレーナーとして就職し、サーファーとしても活躍していました。

 

1993年に子供たちが世界に通じる人材に育てたい、という思いで米・カリフォルニアに移住し、そこでスポーツトレーナーの会社を設立します。

 

弟もプロサーファーです。

 

弟の名前はキアヌでハワイ語で「山からの清々しい風」の意味があります。

 

「カノア」「キアヌ」ともにハワイの由来を持つ素敵なお名前です。ご両親の子供達への想いが込められてますね。

 

五十嵐カノアは以前インタビューで「ツアーは家族と回ります。家族と一緒にいれば楽しいし両親に素晴らしい世界を見せてあげたい、両親のことはすごくリスペクトしている」と語っていました。

 

家族は五十嵐カノアをサポートし、五十嵐カノアはご両親を尊敬し感謝しています。

 

天才サーファーを作ったのはそんな環境がベースにあるのですね。

 

五十嵐カノアの恋人

スポンサーリンク

五十嵐カノアの恋人も素敵な方です。

 

ポルトガル国籍で名前はテレサ・ボンヴァロ。

 

笑顔が素敵なプロサーファーです。

 

インスタで2人の写真が出ています。

 

とっても爽やか!映画に出てくるような素敵なお似合いのカップルです。

 

 

◆まとめ

サーフィンの世界は、日本では、まだまだ注目度は浅いです。

 

五十嵐カノアはその活躍と爽やかさで、一気にサーフィンの注目度を上げるでしょう。

 

「孟母三遷の教え」という故事、教育には環境が大切であるという教えです。ちょっと思い出しました。

 

五十嵐カノアの今後の活躍が楽しみです。