2018年平昌オリンピックに男女ともにカーリングの出場が決定しました。

 

男子は、1998年長野五輪以来20年ぶりの出場です。

 

女子は、長野オリンピックから6大会連続の出場です。

 

男子チームはSC軽井沢クラブ

 

女子チームは、LS北見

カーリングとは

カーリングは、15世紀にスコットランドで発祥した氷上で行われるウィンタースポーツです。

 

1988年、長野冬季オリンピックで正式種目となっています。

 

2006年トリノ冬季オリンピックで「チーム青森」が世界の強豪を相手に互角の戦いを繰り広げ、日本中にカーリングブームを巻き起こしました。

 

そして、2018年平昌冬季オリンピックの新種目として採用が決定したのが「カーリング ミックスダブルス」です。

 

 

カーリングは、リード・セカンド・サード・スキップの4名で行われます。

 

1チーム4人で、2チームで行われます。

 

目標とする円(ハウス)をめがけて各チームが交互に8回ずつ石を氷上に滑らせます。

 

ストーン(石)を円の中心により近づけたチームが得点を得ます。

 

高度な戦略戦術、技術が要求されます。

 

 

ストーン(石)は、上部に取っ手をつけた円盤型の石。

 

スコットランドのアルサクレッグ島特産の花崗岩製の石のみが使われています。

 

1チームが8個を使用し、カーリング競技を行うためには16個必要となります。

 

1個10万円以上で、1セットで160万円以上です。

 

公式なサイズは、円周が36インチ以内、高さが4.5インチ以上、重量は44ポンド以内。

 

投球者がストーンを滑らせ、2人がストーンの前をブラシではきます。

 

氷の表面のデコボコを滑らかにするため、スウィーパーと呼ばれる2人がストーンの前をブラシではきます。

 

ブラシで氷上を掃くことをスイーピングと言います。

 

スイーピングによって速度や方向を調整されます。

 

 

カーリングのエンド

スポンサーリンク

対戦する2チームが交互にストーンを投げます。

 

1人が2回ずつ投げます。

 

1チーム4人が2回ずつ投げて、1チームで8投、両チームで計16回投げます。

 

これで1エンドが終わります。

 

1試合でこのエンドを10回行います。

 

リンクは、1エンドを終了するごとにハウスを交互に使います。

 

ハウスは、氷上に描かれた円の事です。

 

1エンド終了時にティー(円の中心)にもっとも近い位置にストーンを投げたチームに得点が入ります。

 

 

カーリングのスキップ

スポンサーリンク

 

スキップとはチームキャプテン(主将)のことです。

 

スウィーピング中にスキップによる声掛けがあります。

 

適当にがんばれと言っているわけでなく指示を出しています。

 

スキップは、ゲームプランをたてるチームの頭脳・司令塔です。

 

ストーンをどこに置くかの指示・声かけを行います。

 

スキップがストーンを投げる時は、バイススキップと言われる代役(主にサード)が行います。

 

ゲーム中、ハウス内に入れるのはスキップのみです。

 

「スウィーピングを行え」「スウィーピングをやめろ」

「もっと強く掃け」「もっと速く強く掃け」「軽く掃け」こんな指示・声掛けを英語で出しています。

 

高度な戦略戦術が必要とされるカーリングは頭脳競技ですね。

 

 

カーリングのミックスダブルス・日本は?

カーリングのミックスダブルスは、平昌オリンピックから冬季五輪の正式種目になりました。

 

2017年4月、2018年平昌五輪への出場枠をかけたカーリングの混合ダブルス世界選手権が、カナダのレスブリッジで1次リーグの最終戦が行われました。

 

日本は小笠原歩と阿部晋也がペアをでフィンランドに4―6で敗れて3勝4敗となり、決勝トーナメント進出を逃し、日本の平昌五輪出場枠獲得はなくなっています。

 

平昌オリンピックでは、日本選手のカーリングでのミックスダブルスを見ることは出来ません。

 

 

ミックスダブルスは、1チーム2人(男性1人と女性1人)で構成されています。

 

4人制と違う所が色々あります。

 

4人制は10エンドですが、ミックスのゲームは8エンドで行われます。

 

4人制は、4人で8投ですが、ミックスは2人あわせて5投ずつなげます。

 

ミックスダブルスは、最初からシートにストーンを配置しておきます。

 

先攻チームのストーンをガードの位置に、後攻チームのストーンをティーラインのうしろに配置します。

 

2名ですべてこなします。

 

ひとりがスキップ、もうひとりが、デリバリーをしたあとすぐにスイーパーになります。

 

 

まとめ

2006年トリノ冬季オリンピックに出場した女子チーム(チーム青森)が、全試合を中継された中で7位入賞という活躍を見せました。

 

日本におけるカーリングの認知度が一挙に高まった時です。

 

新しい競技と思っていましたが、「15世紀にスコットランドで発祥した氷上で行われるウィンタースポーツです。」とありました。

 

低姿勢で氷上で足を蹴ってすべらしていく競技スタイルがとても目につきました。

 

調べていくと、繊細で高度な技術と戦術の必要な競技でした。

 

YouTubeで「カーリング初心者講習DVD 」というのがあります。

 

理解して競技を見るとより楽しくなります。