体操選手だった田原直哉がスキーに転向し、エアリアルスキーで2018年の平昌オリンピックに出場します。

 

どちらも空中で回転しているのですが、足に板を付けて回転するのです。

 

大空に向かって大きく回転する姿は、とても華麗です。

 

田原直哉選手は、何故スキーに転向したのでしょう。

 

 

田原直哉は元体操選手

スポンサーリンク

生年月日:1980年12月24日
身長  :165㎝
血液型 :A型
出身  :和歌山県
出身校 :日本体育大学卒業

田原直哉選手は和歌山北高校時代まで県内で過ごし、もともとは体操競技で五輪を目指していました。

 

8歳から体操をはじめ2001年にナショナルチームになっています。

 

2004年アテネ五輪では期待されながらも選考会で振るわず落選します。

 

北京五輪の時は右肩を痛め断念します。

 

そんな時に、トリノ五輪のエアリアル競技を見て、2006年エアリアルに転向を決めまています。

 

 

“『家族からは、働くよう反対された。

 

とにかくオリンピックに出たかった。

 

体操は好きだけど、固執したら出られない。

 

そのまま辞めようと思う方が難しかった。

 

正直、辞めれるなら、その方が楽だったのかなと思う』と語っています。”

 

体操では、2001年全日本学生選手権3位、2005年東アジア杯団体銀メダルなどが主な実績です。

 

『体操は好きだけど、固執したら出られない。』この言葉重いですね。

 

引き際を見極めず、執着していたら前にも進めず、本来の目的を見失いチャンスを逃す、です。

 

田原直哉のエアリアルスキー

 

”エアリアル(aerial)は、空中演技を競うスキーのフリースタイル競技の1つです。

長さ160cm程度のスキー板をはいて空中に飛び上がり、宙返りをして着地するまでの短い競技である。

英単語としてのエアリアルの意味は「空中」などを指す。”(wikipedia)

 

スキー競技のフリースタイルスキーに分類されるのが、モーグル、ハーフパイプ、スロープスタイル、そしてエアリアルです。

 

「ジャンプ」は飛行を競いますが、「エアリアル」空中演技を競います。

 

スキー経験はゼロ

田原直哉選手はスキー経験はゼロに近かったが「体操の感覚が生きるのでは」と、体操では叶わなかった五輪出場をエアリアルに求めていました。

 

ただ空中感覚はあってもスキーはできない。「賭けだった」と語っています。

 

2006年9月に練習場があった福島に転居します。

 

スキーは「ハ」の字から始めた、と言っています。

 

スキーの「ハ」は、初心者がはじめるところからです。

 

そして、スキーのインストラクター養成コースに入り、人に教えながら自分も練習し、自分を追い込んでいったそうです。

 

しかし、簡単にできると思った回転やひねりは、「板とブーツで重心が変わるから、体操とは全然違った」。と田原は振り返っています。

 

田原直哉の大会結果

転向2年目の2008年には全日本スキー選手権で3位。

2009年の全日本スキー選手権で2位となり、世界選手権の日本代表。

2011年から全日本スキー選手権2連覇

2012年のワールド杯モンガプリエル大会ではの3位となり、 日本人男子選手として初めてとなる表彰台に上がった。

2018年の平昌五輪出場

 

まとめ

田原直哉は、「オリンピックに出たい」という執念で、体操からスキーに転向しました。

「五輪でメダルを取りたいという思い」を原動力に、民宿に居候して働いたり、スキー場の整備のアルバイトをしたりしながら遠征費を捻出し、競技生活を続けてきました。

 

37歳のオリンピックデビューです。

 

平昌オリンピックでの、田原直哉の華麗なエアリアルスキーを応援します。