アイスホッケーGKの藤本那菜が注目を集めています。

 

その美しさもですが、競技中につけているど派手なヘルメットに目が行きます。

 

可愛い笑顔と打って変わり、アイスホッケーのハードさとゴールドキーパースタイルのミスマッチ感がとてもカッコいい!

 

平昌オリンピック用には「松竹梅」デザインのヘルメットです。

 

 

ヘルメットに好きな絵柄を入れられるのはGKだけの特権!

スポンサーリンク

 

平昌オリンピックでは、藤本那菜自ら水墨画をイメージしてデザインしました。

 

額の上に松、後頭部に竹、右脇に梅が描かれ、左には朝日を背景にした富士山などが描かれ、右前面には飛躍する鶴も舞っています。

 

「縁起物を入れたかった。日本を背負うという責任感も増します」と語っていました。

 

ヘルメットにデザイン画をおこし、塗装したのは釧路市の塗装業梅木啓吾さん。

 

”水墨画を意識し、色の濃淡や柄の立体感を表すため、ほとんどを筆で仕上げた。”と言っていました。

 

藤本那菜はこれまでも、個性的なヘルメットで戦っています。

 

2014年ソチ五輪では、GK3人がおそろいで、黒地に桜の舞うデザインを着用していました。

 

札幌学院大時代で使っていたのは、赤とピンクのハイビスカス柄。氷上の南国ですね。

 

札幌大谷高時代には七福神が描かれたヘルメットもありました。

 

余り使っていなかったようですが、錦鯉もありました。

 

 

 

藤本那菜とアイスホッケー

 

藤本那菜のプロフィール

生年月日 :1989年3月3日

出身   :北海道札幌市

学歴   :札幌大谷高等学校卒業。札幌学院大学大学院

身長   :163㎝

ポジション:ゴールキーパー

 

藤本那菜は、6歳よりアイスホッケーを始めています。

 

「でも、実はホッケーが好きではなかったんです。

 

ホッケーを選んだ、というよりも環境がそうさせました。

 

家の近くにリンクがあったこと、父がホッケー好きで子供にやらせたいと思っていたことがきっかけでした」

 

気が付いたらプレーしていたようですね。

 

フォワードやディフェンス、センターと全部のポジションを経験し、小学5年でGKに転向。

 

藤本那菜の父絢士(けんじ)さんは社会人チームでGKの経験をもっています。

 

それから絢士さんとの特訓がスタートし、基礎から学びました。

 

「那菜には(GK向きの)体の柔軟性があった」と絢士さん。

 

登校前の早朝にスケートリンクを借り切って練習していたようです。

 

高校2年時に日本代表に選出され、ソチ五輪では全試合に出場しました。

 

2015年の世界選手権では7位に終わりましたが、藤本那菜はベストGKに選ばれています。

 

 

ナショナル・ウィメンズ・ホッケー・リーグに参加

スポンサーリンク

アメリカの四大スポーツのひとつ、アイスホッケーは、氷上の格闘技と言われているほどハードなスポーツです。

 

女子アイスホッケーが冬季オリンピックの正式種目になったのは1998年の長野オリンピック。

 

2015年3月新たに女性リーグ「ナショナルウイメンズアイスホッケーリーグ」が創設されました。

 

ワンシーズンで最高2万5000ドル。

 

北米初の給料が出るリーグとして注目を集まていました。

 

藤本那奈はトライアウトを受けて、ニューヨーク・リベターズと契約。

 

「NWHLのトライアウトを受けて、このリーグで出来たら自分自身成長できるんじゃないかと感じて、コミッショナーからも情熱的なオファーを頂いて今シーズンチャレンジしたいと思った」と語っていました。

 

藤本那奈は60分フル出場を果たしました。

 

NWHL創立初試合、アメリカ初となる女性ホッケー・リーグで奮闘!歴史的な快挙です。

 

GKとしてのセンスがあったのでしょう。

 

本人もGKでなければ辞めていただろうと振り返っていました。

 

 

まとめ

「日本でアイスホッケーは、まだまだマイナーなスポーツですが、…」と語っていた時がありました。

 

でもメディアに選手一人一人をクローズアップされ、マイナーなスポーツが違った形でクローズアップされ注目を集めてきています。

 

『アメリカ女性ホッケー・リーグに日本人が入ってる!

 

アイスホッケーの可愛い選手は誰?

 

あのヘルメットって賑やかじゃない?あんなのアリ?…』等々

 

藤本那奈は、GKに転向した小学校6年生の文集に「夢はオリンピック出場」と書いていました。

 

その夢はソチ五輪と平昌五輪で実現しています。

 

次はメダル獲得です。

 

「スマイルジャパン」期待しています!